100年セラピストを育てる 1


アロマスクールを卒業して

 

100年アロマセラピストとして活躍する。

 

 

 

そんな気持ちで生徒達を育てています。

 

 

 

その為には

 

身体を壊さないこと

 

心が豊かであることが

 

大切な条件となってきます。

 

 

 

 

 

資格だけでは

 

ホンモノにはなれません。

 

 

 

 

 

厳しいことを言うようですが

 

自分を大切に出来ない人は

 

他人をも大切に出来ないからです。

 

 

 

 

 

だから

 

徹底的に姿勢を正します。

 

正しい位置に身体があれば

 

身体を壊すどころか丈夫になります。

 

 

 

そして

 

徹底的に心のあり方を伝えます。

 

 

 

 

 

イギリスに勉強に通っていた頃

 

友人のアロマセラピストが

 

10本全部の指にテープを巻いていました。

 

 

 

 

 

使い過ぎで痛みが走っているのに

 

私にトリートメントをしたいと言うのです。

 

 

 

もちろん断りました。

 

気持ちは嬉しくても

 

これ以上自分を痛めて欲しくなかった。

 

 

 

 

 

それからです。

 

腰を痛めない

 

指を痛めない

 

むしろ

 

丈夫な身体づくりの出来る

 

アロマトリートメントの方法を

 

ずっと考え続けました。

 

 

 

 

 

そして何より

 

自分と他人を大事にする

 

本当の愛情を伝えたかった。

 

 

 

 

 

最後の授業での姿は

 

美しかった。

 

 

 

「トリートメントをしても

 

 身体がきつくなくなりました!」と

 

嬉しそうに話してくれる姿に

 

一緒に嬉しくなりました。

 

 

 

 

 

これからも

 

100年セラピストを育てます。

 

 

 

 

 

一生出来る仕事が

 

あなたと

 

あなたの大切な人たちを

 

守り続けるからです。